■頭痛、発熱、のどの痛みに風邪薬が効けばHIV感染とは無関係だと言える?■


◇このページであなたにお伝えしたいこと

1.HIV感染の初期症状

2.風邪薬の効果とHIV感染は無関係

3.あなたに注意して欲しいこと

◆HIV感染の初期症状とは

すでにあなたもご承知のように、あなたがもしもHIVに感染すると、2週間から6週間くらいして風邪によく似た症状が出ることがあります。

例えば、

●頭痛

●発熱

●のどの痛み・腫れ

●リンパ節の腫れ・痛み

●下痢

●筋肉痛

こうした症状です。

これらの症状はHIV感染直後にあなたの体内でHIVが急激に増殖し、高レベルのウイルス血症を起こすために現れる症状と考えられています。

これを急性HIV感染症と呼びます。

急性HIV感染症については多くのHIV・エイズ関連サイトに記事があります。

そのために、HIV感染の可能性がある行為を繰り返した人が、こうした症状によって、

「自分はHIVに感染したのではないか?」

と不安になります。

ネット上の相談サイトでHIVに関する相談としては急性HIV感染症に関する相談、質問がダントツに多く寄せられています。

◆風邪薬が効けばHIV感染ではない?

そして、そうしたHIV感染を不安に思う人たちの中でちょっと勘違いしている人もいます。

「風邪薬で発熱や頭痛、のどの痛みが治ればHIV感染ではない。」

と信じている人がいます。

つまり、

「HIV感染が原因で熱が出たり、頭痛がしたりするのであれば風邪薬が効くはずがない。」

という理屈で信じている人がいる訳です。

しかし、残念ながらこの考えは大間違いです。

風邪薬が効こうが効くまいが、HIV感染との関係はありません。

そもそも、風邪薬とは直接風邪を治している訳ではなく、風邪の症状をやわらげているだけの対処療法に過ぎません。

あなたが風邪をひいたとき、あなたの風邪を治しているのはあなたの免疫力なのです。

風邪には休養が一番、というのは本当です。

医者が処方する消炎鎮痛剤・解熱剤は原因が何であれ症状そのものを軽くするための薬です。

風邪の原因となっているウイルスを退治している訳ではありません。

従ってあなたの発熱が風邪のウイルスによるものであってもHIV感染の初期症状であっても薬を飲めばそれなりに効果が出ます。

風邪薬が効いたからHIV感染ではないと言えないのです。

なお、HIV感染による初期症状は放置しておいてもやがて消えてしまうことがほとんどです。

あるいは全く初期症状が出ない人もいます。

◆あなたに注意して欲しいこと

このサイトではもう何回も書いてきました。

「HIVに感染しているかどうかは、HIV検査を受けてみるしか判定方法はない。」

どうかこのことをあなたには思い出して欲しいと思います。

風邪薬が効けばHIV感染ではない、という間違った思い込みも、結局はHIV感染の不安から逃れたい気持ちが生んだのだと思います。

そうであって欲しい、という願いを込めた思い込みです。

かつて私自身が深刻なHIV感染疑惑に陥ったことがあるので、その思い込みもよく分かるのですが、でもHIV感染に関して言えば検査以外に判定方法は絶対ありません。

繰り返しますが、風邪薬で熱が下がってもHIVに感染していないとは言えません。

あなたのHIV感染不安を解決するのはHIV検査だけです。

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。
フッターバナー6

たったの10分、自宅でHIV検査。
タイプJバナー ・HIV検査専用です。(男女共通)

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ

矢印私の使用体験記
一番人気!主要5項目を同時検査!
タイプE ・HIV
・梅毒
・B型肝
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちら

矢印タイプE 女性はこちら

矢印私の使用体験記