検査キットの選択に迷ったら、みんなの実績を参考にしよう!■


◇このページであなたにお伝えしたいこと

1.男性用、女性用で多く使われている検査キット

2.検査キット選びのキモ

◆みんなはこの検査キットを使ってる

私が自分で使った経験のある検査キットはSTD研究所の検査キットです。そのSTD研究所の公式サイトに、どの検査キットが多く利用されているか上位4種については情報公開しています。

そこで、ここではSTD研究所のデータに私の経験もまじえてなぜ上位の検査キットは多く使われているのか、その理由も含めてランキングをご紹介したいと思います。

確かに多く使われている検査キットにはそれなりの理由があります。あなたがどの検査キットにしようかと迷ったとき、必ず参考になると思います。

なお、商品の価格、仕様は予告なしに変更になることがあります。購入に際してはあなたご自身で公式サイトからご確認ください。

◆男性用で多く使われている検査キット

男性用 性感染症検査キット 利用者 No1
検査キット型式 STDチェッカー タイプE(男性用)
検査対象 HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌
価格 ¥9,200+消費税
利用者が多い
理由
最も怖い病気、最も感染者の多い病気がまとめて検査できるから。
一口コメント まずはこの5つを検査しておけば一安心です。お値段もお得です。


男性用 性感染症検査キット 利用者 No2
検査キット型式 STDチェッカー タイプR(男性用)
検査対象 HIV・梅毒・クラミジア・淋菌・B型肝炎・クラミジア(のど)・淋菌(のど)
価格 ¥14,750+消費税
利用者が多い
理由
感染機会の多い人は1つ不安なら他も危ない。まとめて検査で安心できる。
一口コメント ハッキリ言って、夜遊びのお盛んなあなたにお勧めです。私も使いました。


男性用 性感染症検査キット 利用者 No3
検査キット型式 STDチェッカー タイプP(男性用)
検査対象 クラミジア・淋菌・クラミジア(のど)・淋菌(のど)
価格 ¥9,200+消費税
利用者が多い
理由
性器感染・咽頭感染、最も感染者の多い病気なので利用者も多い訳です。
一口コメント 咽頭感染は自覚症状があまり出ません。知らないうちに大事な人にうつしているかも。


◆女性用で多く使われている検査キット

女性用 性感染症検査キット 利用者 No1
検査キット型式 STDチェッカー タイプF(女性用)
検査対象 HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌・カンジダ・トリコモナス
価格 ¥10,250+消費税
利用者が多い
理由
怖い病気、感染者の多い病気、女性に特に多い病気をまとめて検査できる。
一口コメント 7種類の検査でこの価格設定も利用者が多い理由です。


女性用 性感染症検査キット 利用者 No2
検査キット型式 STDチェッカー タイプQ(女性用)
検査対象 クラミジア・淋菌・カンジダ・トリコモナス・クラミジア(のど)・淋菌(のど)
価格 ¥10,250+消費税
利用者が多い
理由
女性に感染者が多く、かつ自覚症状が出にくい性感染症がまとめて検査できるから。
一口コメント 不妊症・子宮外妊娠・流産などの原因になる性感染症が検査できます。


女性用 性感染症検査キット 利用者 No3
検査キット型式 STDチェッカー タイプT(女性用)
検査対象 HIV・梅毒・クラミジア・淋菌・カンジダ・トリコモナス・ヒトパピローマウイルス・細菌性膣炎・B型肝炎・C型肝炎・クラミジア(のど)・淋菌(のど)
価格 ¥20,000+消費税
利用者が多い
理由
この際全部検査してスッキリ新しい恋に突撃!という女性が使ってます!
一口コメント 合計12種類の検査。病院なら間違いなく最低5万円以上かかります。


◆男女共用で多く使われいる検査キット

男女共用 性感染症検査キット 利用者 No1
検査キット型式 ■STDチェッカー TypeJ(男女共通)
検査対象 HIV
価格 ¥4,600+消費税
利用者が多い
理由
やはり一番怖い、気になる病気はHIVです。最大リスクを払しょくしたい男女が購入。
一口コメント 保健所なら無料だけど、検査キットは利便性と匿名性でメリット大きい。


男女共用 性感染症検査キット 利用者 No2
検査キット型式 STDチェッカー タイプN(男女共通)
検査対象 クラミジア(のど)・淋菌(のど)
価格 ¥5,500+消費税
利用者が多い
理由
ズバリ、ファッション系の風俗通いの男性が利用しています。
一口コメント オーラルセックスの機会が多い人には絶対必須の検査キットです。


男女共用 性感染症検査キット 利用者 No3
検査キット型式 STDチェッカー タイプO(男女共通)
検査対象 HIV・梅毒・B型肝炎
価格 ¥7,750+消費税
利用者が多い
理由
重複感染が多く、しかも感染すると深刻な病気がまとめて検査出来るから。
一口コメント 重複感染すると単独感染より重症化したり、進行が早まります。早期発見が重要です。

◆検査キット選びのキモ

こうして利用者の多い検査キットを見ていると、はっきりトレンドが浮かび上がってきます。

●感染しても自覚症状が少ない性感染症の検査キット。すでに感染しているかも?という不安解消。
HIV・クラミジア・淋菌・トリコモナス・ウイルス性肝炎などが相当します。

●感染確率は低くても、万一のときは深刻な健康被害を被る性感染症の検査キット。
HIV・梅毒などがこれに相当します。

●健康被害は深刻とは言えないかも知れないが、とにかく感染確率の高い性感染症の検査キット。
クラミジア・淋菌の性器、咽頭感染がこれに相当します。

●女性の場合は、不妊症、子宮外妊娠、早産など、妊娠・出産に影響のある性感染症の検査キット。
クラミジア、淋菌、トリコモナスなどがこれに相当します。

●まとめて検査できて、しかもお得な価格設定の検査キット
タイプR(男性用)・タイプT(女性用)などがこれに相当します。


以上、STD研究所で利用者が多い性感染症の検査キットをランキングでご紹介しました。あなたが検査キットを選ぶとき、参考にしてください。多くの人が利用するにはそれなりの明確な理由が存在します。

◇STDチェッカー★全26種類の検査キットから選べます。

■この検査の信頼性(郵送検査認定事業者とは?)

■実際に使った人の声(6372件の声)