HIV(エイズ)検査に関するみんなの悩みや疑問を管理人の経験や集めた情報を元に解決するサイトです。

HIV/エイズが怖いあなたへ

  • HOME »
  • HIV/エイズが怖いあなたへ

HIV感染、エイズに関する悩みを持っている人は大勢います。

かつての私もそうでした。

私はHIVに感染する機会があった後、全身に発疹が出たり帯状疱疹を発症し、その後も発熱、頭痛などの症状が連続しました。

「これはHIV感染の急性期の症状に違いない!」

間違いなく自分はHIVに感染している。

私はそう思いました。その不安から夜もろくに眠れず、食事ものどを通らなくなってしまいました。

急性HIV感染症の症状

でも、私は検査結果を知ることが怖くて3ヶ月間HIV検査を受けることが出来ませんでした。

もしも今、あなたがかつての私と同じようにHIV感染の不安を抱えているとしたら、どうぞこれから私がご案内させて頂く記事を読んでみてください。

そしてあなたには1日も早く、保健所なり病院でHIV検査を受けて頂きたいと思います。

HIV感染の悩みは、HIV検査を受けることでしか解決する道はありません。私は自分の経験からそう思います。

どんなに怪しい症状を連発しても感染していないかも知れません。

その逆に、全く何の自覚症状がなくても感染しているかも知れません。

HIV感染は症状からは絶対に分かりません。

HIV検査だけが判定方法です。

そしてHIV感染、エイズ発症が怖いあなた。

そんなあなたが最も恐れるべきこととは、いったい何でしょうか?

HIV検査で陽性判定が出ること?

確かに、怖いです。

私もそれが怖くて保健所に行けなかった。

でも、あなたや私が最も恐れるべき事とは、

「HIV検査を受けないまま、いきなりエイズを発症すること」

なのです。

今やHIV感染症はかつてのような致死的疾患ではありません。

早期にHIV検査で見つかればエイズ発症を抑え、薬を飲むことで普通に生活することも可能になりました。

HIV感染者の余命は非感染者とほぼ同じくらいまで延びると予想されています。

しかし、それだけ医学が進歩してもなお、エイズ発症前の治療開始と、エイズ発症後の治療開始ではその後の生存率が違います。

後遺症のリスクも違います。

エイズ発症前にHIV感染を見つけ、エイズを防ぐこと。

これが最も重要なのです。

くり返します。

あなたや私が最も恐れるべき事とは、

「HIV検査を受けないまま、いきなりエイズを発症すること」

なのです。

しかし現実はどうでしょう?

日本では毎年約1,500人ほどの新規HIV感染者が報告されています。

しかし、そのうちの約30%の人はHIV感染が見つかった時点ですでにエイズを発症しています。

いわゆる、「いきなりエイズ」と言う状態です。

高齢いきなりエイズ

グラフの通り、HIV感染者全体では「いきなりエイズ」の割合は約30%です。

しかし、年齢を50歳以上に限ってみると、「いきなりエイズ」の割合は実に50%に達しています。

まさにあなたや私にとって、早期のHIV検査は救命的検査となります。

アイコンボタン「いきなりエイズ」を防ぐ方法はただひとつ。HIV検査です。
フッターバナー6

たったの10分、自宅でHIV検査。
タイプJバナー ・HIV検査専用です。(男女共通)

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ

矢印私の使用体験記

では、あなたのHIV感染不安、エイズ発症不安を解消するための記事をご紹介します。

◇自分がHIVに感染したかどうかを知りたい人が読んでいる記事

●これってHIV感染の症状?

●私はHIVに感染してる?

●この皮膚疾患はHIV感染?

◇自分の行った行為でHIVに感染するか知りたい人が読んでいる記事

●素股行為でも感染する?

●オーラルセックスでも感染する?

●これで感染する?しない?

●行為別のHIV感染確率

◇もしもHIVに感染していたら、この先どうなるのか知りたい人が読んでいる記事

●HIVに感染したらどうなるの?

●どの時点でHIV感染者からエイズ患者になる?

 

HIV検査が自宅で出来ます

投稿カレンダー

2018年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGETOP
Copyright © HIV(エイズ)検査みんなの悩み All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.