■私が保健所でHIV検査を受けた体験記です■


◇このページであなたにお伝えしたいこと

1.保健所でのHIV検査体験記

2.保健所でHIV検査を受けるときのポイント

◆まずは電話で予約した

私はまず、最寄の保健所に電話で予約しました。東京や神奈川など、都会の保健所では一部に予約の不要な検査所もありますが、当方の住んでいる九州の地方都市ではそうはいきません。

保健所のホームページにも正確な検査のスケジュールは載ってなくて、電話で問い合わせてくださいと書いてます。何という利便性の悪さ。

しかも、電話して分かったことは、HIV検査はひと月に2回か3回しかやってなくて、それも平日の昼間のみです。いくら無料の検査とは言え、もう少し受ける側のことも考えて欲しいです。

私が電話で予約をお願いしたときに聞かれたのは、こんなことでした。

「検査の目的は何ですか?」

え?この質問にはこっちがびっくりしました。検査の目的?それって、HIVに感染していないか確かめるため、それ以外に何かあります?

「感染の可能性があった日から3ヶ月以上が過ぎていますか?」

これはお約束の質問です。HIV抗体検査のウインドーピリオドは3ヶ月。これは想定内の質問でした。

あと、性別や年代も聞かれました。むろん、住所や氏名は明かす必要はありません。質問もされません。こちらからも質問してみました。

「検査結果はすぐに分かるんでしょうか?」

つまり、通常検査なのか、即日検査なのか聞いてみました。これ、とっても大事なポイントです。

「HIV検査だけなら1時間もあれば検査結果が分かります。その他の性感染症も検査すると検査結果が出るまで2週間ほどかかります。」

と言われました。今なら絶対にクラミジアや梅毒も検査してもらったと思うのですが、何せ当時はHIV感染のことで頭がいっぱいで、他の性感染症のことなど考える余裕もありませんでした。

それでも保健所の人は、

「HIV検査だけにするか、他の性感染症もいっしょに検査するか、当時に決めてもらって結構ですよ。」

と言ってくれました。

そして最後に、

「もしも、ご都合が悪くなったら、当日の午前中までにお電話でキャンセルして下さい。」

と言われました。午前中も検査しろよ、と言いたところです。


◆保健所に行ってみたけど・・・

ここで私が保健所にHIV検査に行くことになったいきさつを簡単に説明しておきます。実はすでにHIVには感染していないことが分かっていました。なぜならHIV検査キットで「陰性」の結果が出ていたからです。

「管理人のプロフィール」でも書きましたが、私は仕事で海外に出張に出て風俗で遊び、深刻なHIV感染疑惑に陥りました。HIV検査が怖くて3ヶ月悩んだあげく、やっとの思いでHIV検査を受ける決心をしました。

先ほど書いたように保健所に検査予約の電話をしたら、年末年始ということもあって何と3週間も先じゃないと検査が出来ませんでした。やっとの思いでHIV検査を決心した私は到底3週間も待てず、検査キットを使ってHIV感染の白黒をつけたのです。

ただ、せっかく保健所も予約したし、どんなふうに検査するのかも関心がありました。それで陰性と分かっていたけど保健所にやってきたのです。

さて、実は私は生まれて初めて保健所に行きました。それまで全く行ったことがありませんでした。あなたはどうですか?保健所って、なじみがありますか?保健所になじみのある人って、少ないと思います。

初めて行くってだけでかなり緊張してました。しかもHIV検査が目的なので余計に緊張します。私のイメージでは、保健所のHIV検査はあまり人目に付かない場所でひっそりとやるもんだと思ってました。入口も正面ではなく、別に裏口があるんじゃないかと思ったりしたのです。

しかし、保健所に行ってみると全くイメージと違ってました。真正面から入って、大勢の職員が仕事をしている横の通路を通って、検査室に行くのです。わずかに通路にちょっとだけカーテンがしてあって、モロには顔を合わさないで済むようにしてありました。

そして検査室の前に長椅子が1つだけ無造作に置いてあって、検査を受ける人はそこで待つようになってました。私の予約時間は1時で10分ほど前に到着していました。

仕方ないので長椅子に座って待っていたのですが、保健所の職員や外から用事で来た人と目が合います。これ、とっても気まずいです。保健所のHIV検査を嫌がる人がいますが、その気持ち分かります。

ちょうど1時になって、係りの人がやってきました。20代後半か30代前半くらいの若い女性の検査員でした。

「ご予約の方ですか?」

「はい、そうです。」

と答えると検査室の中へ案内されました。


◆色々なことを聞かれて採血された

検査室に入ると、私は小さな事務机をはさんで担当の女性からHIV検査の簡単な説明を受けました。こんな感じです。

●今日の検査はスクリーニング検査であって、もしもHIVが陽性だったら確認検査が必要であること。

●HIV感染の可能性から3ヶ月以上たっていないと、正確な検査結果が出ないこと。

●HIV感染以外の性感染症も検査が無料で出来ること。

●今日のHIV検査は即日検査なので、採血後30分ほどで結果が分かること。

●確認検査になったら、1週間から2週間くらい後で、また結果を本人が聞きに来る必要があること。

●そこでHIVの陽性が確定したら、個人情報を聞くことになること。

そんな説明でした。私がHIV検査の事前情報として知っていることばかりでした。彼女の説明はとても分かりやすく、優しい口調でした。

最初はちょっと緊張していた私も、すぐにリラックスして落ち着いて話を聞くことが出来ました。それから、HIVやエイズに関する簡単なアンケートに協力して欲しいと言われたました。

内容は、今日どうしてHIV検査を受けようと思ったのか、HIV感染の可能性のある行為とはどんなものだったのか、その相手とはどんな人だったのか、こんな質問でした。

当然、個人が特定できるような質問はまったくありません。セックスの相手を質問する内容も相手の国籍とか、性別くらいでした。もちろん、具体的な相手を聞かれる心配はありません。(当然ですね)

しかも、答えたくない質問に無理に答える必要はないと言われました。アンケートは気楽に考えればよかったので助かりました。いくら匿名でも答えにくいことってありますから。

アンケートの中にはHIVやエイズに関する10の質問がありました。これはHIV検査を受けに来た人がどの程度正確な知識、情報を持っているのか、確認するためでしょう。私はたぶん、全問正解だったと思います。

それから、採血でした。HIV検査には5CCほど血液が必要らしいのですが、実際にはどのくらい血を抜かれたのか分かりませんでした。採血のときって、いつも注射器から目をそむけることにしています。血が抜かれるのを見てると気分が悪くなってくるのです。(気が小さいですから・・・・)

まぁ、感覚的には、通常の血液検査で血を抜くより早く終わったような気がします。

「それでは、30分後にまた来て下さい。」

と言われ、HIV検査申し込み書を持たされました。これは本人であることを確認する用紙なので、必ずこれを持参して30分後に来てくれと言われました。なるほど、個人情報が一切ないので、何か目印を持っていないと、検査結果と本人を照合することが出来ないですね。


◆検査結果は・・・?思わぬハプニングが!

私はいったん保健所の外に出ました。保健所の中で待っていてもいいと言われたのですが、どうにも中で待つ気にはなれませんでした。もしかしたら、知った顔に会うかも知れない。それが嫌でした。

私は保健所の近くのファミレスに入って30分の時間つぶしをしました。そして、先ほどの部屋に戻りましたが、中には誰もいませんでした。でも、すぐに担当の女性係員が入ってきました。

「すみません、ちょっと検査に手間取っているので、もう少しお待ち下さい」

え?なぜ?私はなんか、ちょっと不安になってきました。結果が陽性だったから時間がかかっているのでは・・・などと、悪いほうを考えてしまいました。

「もう少し」

と言ったけど、15分しても、戻って来ません。私は更に不安になってきます。HIV検査キットの陰性結果は信用できるはず・・・・でも、もしかして・・・なんて不安になってきました。こんな展開は全くの想定外です。

そして20分を過ぎたころ、やっと担当の女性が戻ってきました。手には1枚の紙を持っていました。その紙を、私の目の前において検査結果を教えてくれました。

「今日の検査では陰性でした。」

そう言いました。やれやれです。ほっと安心しました。検査結果は予め陰性と分かっているはずなのに、やはり結果を待つ時間は気持ちのいいものではありませんでした。

それから、女性係員が、HIV感染に対する一般的な注意点を話してくれました。今日は陰性だったけど、これから先もHIVに感染しないように予防して下さい、と言うお話しでした。

恐らく20代後半か30代前半であろうその女性係員は、50を過ぎている私に、

「セックスはコンドームを使ってください。」

なんて、説明しにくかっただろうと思います。これが、10代の若者相手ならともかく。

最初のアンケート用紙に、エイズ予防について詳しい説明を受けますか?と言う項目があって、私は不要にしておきました。そのせいもあってか、彼女の説明はわずか5分程度で終わりました。

そして、申し訳なさそうに、

「最後にもう1回、エイズアンケートをお願いできますか?」

と、別の紙を差し出しました。

それは、今回HIV(エイズ)検査を受けて、陰性だったことをどう思うか、みたいなアンケートでした。つまり、これからはよりセックスに注意を払うか、気持ちの確認です。係員の説明効果があったかどうかを見るのかも知れません。

また、保健所の対応、係員の対応がよかったかどうか、質問する項目もありました。彼女の対応は良かったので、正直に良かったと回答しておきました。

ただ、白衣を着用していなかったのは、私としては頂けませんでした。採血をしたり、HIV検査に関わる業務なのだから、安全衛生上も白衣着用ではないかと思うのです。

でもその時の彼女の姿は、厚手のセーターにパンツ姿で、医療従事者という雰囲気は全くありませんでした。

それから、アンケートにはあなたのパートナーにもHIV感染の注意を呼びかけますか?といった質問もありました。ここらは無回答にしておきました。

せっかく保健所まで来たので、私からも質問してみました。一番知りたかったことを聞きました。

「ネットで売っているHIV(エイズ)検査キットは、保健所並の信頼性がありますか?」

そう聞いてみました。係員の彼女はHIV検査キットを知っていて、

「完全に同じとは言えないかも知れません。でも、実用レベルでの信頼性はあると思います」

との回答でした。HIV(エイズ)検査キットのホームページ上で、その信頼性を確認した積りでしたが、保健所の担当者が信頼できると言ってくれたので、余計に納得しました。


◆私の感想と、あなたが保健所で検査を受けるときのポイント

最後に私が保健所でHIV検査を受けた感想をまとめてみました。合わせてあなたが保健所でHIV検査を受けるときの注意点もまとめておきます。

◆検査予約は必ず行う。
多くの保健所では予約が必要です。ついでに通常検査か即日検査かも確認しておくといいですね。検査予約に個人情報は必要ありません。

◆確かにHIV(エイズ)検査は匿名検査だけど、保健所の中では色んな人に顔を合わせる可能性あり
検査室の中では担当者だけとの面談だけど、廊下や建物では他の職員、受検者と顔を合わせるかも。

◆個人情報は一切不要だった。何も申告する必要ありません。
アンケートの質問は、あなたが回答したくなければ無理に答える必要はありません。

◆係員の対応も丁寧で、親切だった。唯一、採血するのに、白衣を着ていないのがちょっと・・・・。
きっと資格を持った人がやってるはずで、やはり白衣で対応して欲しかった。そのほうが衛生的で安全なのでは。

◆HIV(エイズ)検査と同時に、梅毒やクラミジア感染症など、他の性感染症も無料・匿名検査可能。
他の性感染症を同時に検査するのはキチンとした理由があるので、出来るだけ検査を受けた方がいいです。残念ながら私はその理由を後から知ったので、HIVしか検査しませんでした。

◆1時間足らずで終わり、しかも無料でHIV(エイズ)検査してもらえる。このメリットは大きい。
保健所まで行く手間、保健所の検査日に都合を合わせる、担当者と顔を合わせて面談がある、これらをクリアできる人には保健所がお勧めです。専門スタッフが対応してくれるので、安心出来ます。

以上が私の感想です。

私としては保健所のHIV検査がお勧めですが、どうしても世間体を気にして保健所には行けないあなたもいることでしょう。あるいは仕事の都合でどうしてもスケジュールが合わないあなたもいるでしょう。

そんなあなたには検査キットが便利だと思います。私も使いましたが、保健所や病院に行かなくてもHIV検査は可能です。

■あなたの不安を解消するのはHIV検査だけです。
■STDチェッカー タイプJ(男女共用)
HIV検査のみです。

■HIV・梅毒・B型肝炎は重複感染すると重症化したり進行が早くなることがあります。
■STDチェッカー タイプO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎。重複感染の多い性感染症をまとめて検査出来ます。

■この検査の信頼性について(郵送検査認定事業者とは?)

■この検査キットを使ったユーザーの声(6597件の声)