当サイトでは過去に、

「HIV抗体検査の2ヶ月・3ヶ月問題とは?」

と言う記事を載せたことがあります。

これは保健所のHIV検査において、HIVに感染したかも知れない可能性のあった日から、

●2ヶ月以上経ってから検査を受ける

●3ヶ月以上経ってから検査を受ける

この2種類のウインドーピリオド設定があります。

どうして保健所によって設定が異なるのか?

検査方法が違うのか?

保健所の方針が違うのか?

色んな角度から調べてきました。

そして今回、取りあえずの結論を得ることが出来ました。

それを当サイトの姉妹サイトに掲載しました。

『完全決着!保健所HIV検査の2ヶ月・3ヶ月問題!』

「HIV感染症(エイズ)の検査・症状100問100答」に掲載しています。

あなたが保険所でHIV検査を受けるとき、危険行為から2ヶ月過ぎていればいいのか、3ヶ月まで待つべきか?

この記事をお読み頂ければ完全に分かります。

ぜひお読み下さい。

『完全決着!保健所HIV検査の2ヶ月・3ヶ月問題!』

「HIV感染症(エイズ)の検査・症状100問100答」