HIV検査キットとは、どんなものでしょうか?■


◇このページであなたにお伝えしたいこと

1.HIV検査キットの概要

2.メリット

3.デメリット

・・◆HIV検査キットの概要


HIV検査キットとは、あなたの自宅で簡単にHIV検査が受けられるツールのことです。あなたが保健所や病院まで行く必要がありません。いつでもあなたの好きな時に、都合のいい時に検査が出来ます。

また、あなたのご家族に知られることなく完全匿名検査が可能です。しかも、あなたの検査結果を知っているのは世界中であなた一人だけです。

まず、どんなものか写真を見て頂きましょう。これは私が自分のHIV感染疑惑を持ったときに使ったSTD研究所の検査キットです。(写真1)


STDチェッカーTypeJ

写真1.STDチェッカー TypeJ(男女共通)

検査キットの中身は実にシンプルで、血液採取用のツールと検査申込み用紙が入っているだけです。

検査キットの中身(TypeJ)
写真2.検査キットの中身

HIV検査は血液中にHIV抗体が存在するかどうかを調べます。抗体があれば感染している、なければ感染していないという判定になります。

でも、血液を調べるといってもあなたが自分で注射器を腕に刺して血液を採取する訳ではありません。そんな恐ろしいことは出来ないですよね。

詳細は私が自分で検査キットを使った体験記をご覧頂きたいのですが、「ドライスポット法」というやり方で検査します。これはランセットと呼ばれる専用ツールで指の先にほんの小さなキズを付け、出血した血液をろ紙に吸い取らせ、それを検査します。

ドライスポット法は検査キットの専売特許ではなく、従来から広く使われている方法で実績もあります。保健所や病院で行っている抗体検査と同等の信頼性があります。

・・◆検査キットのメリット


検査キットのメリットは2つあります。それは利便性と匿名性です。

●利便性
何といってもあなたの都合のいいときにいつでも検査が出来ます。保健所にも病院にも行く必要がありません。あなたの自宅で検査が出来るのです。もっと正確に言えば自宅でもどこでも検査が出来ます。

仕事で忙しいあなた、保健所や病院まで行くのがおっくうなあなたにはこの上ない便利さです。

●匿名性
検査キットを購入するには個人情報が必要です。これはお金を支払う必要があるから止む得ません。しかし、あなたが検体(血液)を送り返すところからは個人情報がいっさい不要です。あなたが自分で決めたパスワードとIDで全て管理されます。

検査キット会社はあなたの血液を検査しますが、それが誰の血液かは知りません。ただID番号だけで管理します。そして検査結果をウェブ上の専用ページに表示しますが、それを見ることが出来るのはパスワードを知っているあなただけです。

そこにはIDと検査結果が表示されます。そのページを見ることが出来るのも、IDを知っているのも世界中にあなただけです。だからあなたの検査結果を知っているのもあなた一人です。

これは保健所以上に高い匿名性です。誰にも知られずHIV検査が受けたいと思うあなたには最適なシステムです。


・・◆検査キットのデメリット


検査キットはいいことばかりではありません。デメリットも3つあります。

●お金がかかる
保健所なら無料ですが、検査キットはお金がかかります。メーカーによって価格が違うのですが、だいたい2,500円から5,000円くらいします。病院で検査を受けると3,000円~7,000円くらいかかります。原則健康保険は使えません。全額自己負担です。

●選ぶこと、使うことは自己責任
検査キットは色んな会社から販売されています。どの検査キットを選ぶか、どう使うか、それは全てあなたの自己責任です。まともなちゃんとした会社が販売している検査キットなら何も心配要りません。使うのも簡単、安心、難しいことはありません。

しかし、中には輸入物を安く販売している会社もあります。私が調べたところ、輸入品の一部には厚生労働省の関連サイトで注意を喚起している製品もあり、要注意です。

私自身、検査キットを選ぶときは相当慎重に時間をかけました。何しろ検査対象はHIVです。感染しているのに「陰性」なんて判定されたら本当に命に関わります。

あなたも品質に間違いないものを選んで下さい。間違っても値段だけで安いものを選ばないで下さい。お金が心配なら保健所で無料の検査を受ければいいと思います。

●検査結果が「陰性」だったとき、フォローがない
この点が検査キットの大きな問題点だとネット上で指摘する人がいます。ここであなたに間違って欲しくないのは、検査キットはあくまでもスクリーニング検査だと言うことです。検査キットで「陽性」判定が出てもHIVに感染していることが確定する訳ではありません。

保健所でも病院でもスクリーニング検査で「陽性」になると確認検査を受けます。検査キットもまた同様です。確認検査で「陽性」となったら、そこで初めてHIV感染が確定し、今後の治療のこと、生活のこと、様々なサポートが必要になります。

確認検査はあくまでも医療機関の役目であって、検査キットにそこでまの機能はありません。ただ、スクリーニング検査が「陽性」だったとき、それがどんな意味か、確認検査とは何か、そうした情報はしっかりとユーザーに伝える義務、責任はあると思います。そこがしっかり出来ている販売会社を選ぶことが大事です。

以上、ここまでHIV検査キットの概要、メリット、デメリットをお話してきました。あなたが絶対に失敗しない検査キット選びをするためにも、ぜひ私の「HIV検査キット使用体験記」を読んで欲しいと思います。

HIV検査キットは選び方さえ間違わなければ、こんな便利なものはありません。早期のHIV検査が救命的検査であることを考えると、保健所や病院には行きたくないあなたにぜひお勧め致します。

■HIV感染に自覚症状はありません。あなたの不安を解消するのはHIV検査だけです。

STDチェッカー TypeJ(男女共通) あなたの自宅でいつでもHIV検査ができます。
■この検査の信頼性
■実際に使った人の声


 

HIV(エイズ)検査みんなの悩み TOP